女性が勘違いしているセックスの真実とは?


こんにちは
Akiですヽ(・∀・)ノ

いきなりこんなことをお伝えすると、あなたは驚かれるかもしれませんが、
セックスは、あなたが気持ちよければ、相手も気持ちいいものです。

 

近年、日本では女性の社会進出が進み、

さまざまな分野でめざましい活躍がみられるようになりましたが、

まだどこかこの国の文化には、セックスにおいて、

〝女性が控えめであること〟が美徳とされているところがあります。

 

「受け身でなくてはダメ!」

「彼に主導権を持たせなくてはダメ!」

いくら女性がセックスしたい気分でも、
男性から求められるまで待たなくてはいけないなんて、
誰が決めたのでしょうか?

 

実はコレ、日本の社会の成り立ちが深く関係しています。

さかのぼること武家社会では、女性は跡取りを生み出すためだけの
存在とされていましたし、平安時代には女性を不浄とみる価値観が広がっていました。

もちろん、女王や巫女として国を治める
理知的な女性たちもいましたが、その数はわずかです。

明治時代になると、家制度といって武士の家族制度を元にした考え方が国民全体に広がったため、
農家などでもよりいっそう男性の権力が強まったといわれています。

 

さらに、大正時代以降は、「男は仕事、女は家庭」という性別により役割分担が生まれ、
男尊女卑的な考え方が根づいてきた経緯があるのです。

 

しかし、平成の今、時代は大きく変貌を遂げています。

先にも述べたように多くの女性が、男性と同等に社会活動をしていますし、
もはや家庭を守るだけの役目を持つ人の方が減っているくらいです。

 

セックスに関していえば男性と同様に、
女性だってごく純粋に〝セックスしたい気分〟の時がありますよね?

もちろん、さかりのついた犬や猫のように顔を合わせるたびに、

彼にがっつくことをいっているのではありませんよ∑(・Д・・)

 

でも、それを男性は堂々と表現できて、

女性はできないということ自体がおかしいのです。

性に関して積極的な女性も増えていますが、

「彼のことが好きだから、自分から求めるのは気が引ける…」

と遠慮している人が大多数を占めているというのが現状です。

 

相手に合わせるだけのセックスでは、心から快感に浸ることができないですし、

どこか男性に遠慮しているからこそ、
オーガズムを得ることができない女性が多いのもまた事実
です。

 

あなた自身が楽しめないセックスで
本当の愛をずっと感じ続ける事が出来るでしょうか?

男性自身もあなたが楽しめていないセックスに
満足を感じる事が出来るでしょうか?

まずは、日本人女性の多くに共通する
セックスに対する考えを変える必要があるとは思いませんか?

 

セックスは、あなたが気持ちよければ、相手も気持ちいいものなです。

まずは、あなた自身がセックスを楽しむようにして下さいね♪

本日もご覧頂きありがとうございました。

知られざる彼の性感帯
彼の性感帯はどこなの!?

コメントを残す