セックスはお互いに与え合い、楽しむべきもの


愛のあるセックスあなた自身もセックスに満足出来ていますか?

このブログをご覧頂いている人の中には
自分自身がセックスを楽しめていないかたもいるんじゃないでしょうか?

どちらか一方に奉仕するとか、片方だけが満たされるとか、そういうことではありません。

至ってフェアーなものなのであり、ギブ&テイクの精神が大切なのです。

 

セックスについてのこれまでの考え方を少し変えてみましょう。

違う角度から見てみるのです。

あなたからも積極的に行うことで、固定観念を打ち破ることができます。

ポイントは、今までよりも少しだけ、大胆になって、あなたからもリードすることです。

女性主体のセックスは、彼にとって新鮮だけでなく、
興奮度を高め、新たな快感へと導いてくれます。

さらに、あなたにとっても、自分の気持ちよいポイントをみつけて
セックスを楽しむことができるようになるので、より充実した濃い時間を過ごせ、
結果2人の関係も良好になる、というわけです。

大切なのでもう一度、お伝えしておきますね。

あなたが気持ちよければ、彼も気持ちよくすることができるのです。

 

よくセックスレスの夫婦や、回数の減った恋人同士にみられるのは、
お互いのセックスに対する価値観のズレです。

彼としては、彼女にも色々してみて欲しいと
思っているけれど、口には出せず惰性で続けている。

そして、当の彼女は、彼任せのセックスをするべきだと考えている。

これでは、彼ばかりが攻めるだけで、彼女は完全に受け身です。

この場合、付き合いが長くなってくると、

「俺ばっかりがんばらなくちゃいけないし、面倒くさいな…」

と負担に感じ、セックスから遠のくということになるのです。

これを防ぐためには、あなたの心の〝たが〟を外して冒険心を持つことです。

「彼をもっと喜ばせてあげたい」

「もっとセックスに没頭してみたい」

という気持ちを持ちながら、はずかしがっていた頃には感じられなかった快感、
新たな自分を発掘できますよ。

女性がリードしていくと、セックスの幅が広がります。
これを機に、女の花を咲かせましょう!

本日もご覧頂きありがとうございます!

知られざる彼の性感帯
彼の性感帯はどこなの!?

コメントを残す