最高に盛り上がる騎上位のバリエーション技とは!?


こんにちは
Akiです♪

本日は、前回に続き騎上位についてお話したいと思います。

単に騎上位といっても、騎上位から変形可能な
体位がありますのでいくつかご紹介しておきますね。

抱きつき騎上位

基本形から、あなたの上体を彼側に倒し、彼に抱きつくような姿勢になります。
この体位は、お互いの体温を全身で感じることができるので、
安心感と刺激、興奮の3つの快感を同時に味わえる優れものです。

抱きつき騎上位

また、あなたが腰を動かすパターンもいいですが、
下から突いてもらうのもおすすめです。

ペニスが膣の奥深くまで届くので、ピストン運動を繰り返すうちに、
2人とも、我を忘れるかもしれません。
姿勢を保つのが精一杯なほど気持ちよさです。
慣れてきたら、彼の動きに合わせて、上下に動いてみるといいでしょう。

後ろ向き騎上位

基本形に慣れてきたら、仰向きの彼に背中を向けて、後ろ向きに乗ってみましょう。
揺れ動くあなたの後ろ姿に、彼は激しく興奮します。
同時に、あなたの膣の後ろ側にペニスが当たるので、いつもとは違った快感が襲ってきます。
後ろ向き騎上位

前傾形騎上位

彼の上で前屈みになり、しゃがむ姿勢で結合します。
クリトリスをこすりつけるように前後に腰を動かしてみてください。
ペニスが引っ張られるような摩擦に、彼は酔いしれるでしょう。
前傾形騎上位

ちなみに、上下に動く時は、ペニスの根元まで埋めず、
浅めにキープして、小刻みに素早く動けば、彼の亀頭を刺激しやすくなります。

彼の乳首や耳、首筋などに舌を這わせて、愛撫も忘れずに行いましょう。

反り返り大開脚騎上位

彼と向き合って、あなたが後ろに反り返り、性器をあらわにする体位です。
後ろに両手をついて、重心をかけることがポイント。

反り返り大開脚騎上位

ペニスの勃起角度から逆の方向に結合されているので、
ペニスの反発力で膣の入口とGスポットを強く刺激します。

この体位だと彼からは結合部がもろ見えるので、あなたの悶える姿、
ピストン運動のトリプル効果で気分はもう王様といったところです。

遅漏気味の彼にも、刺激がいきやすいので、おすすめです。

おすすめの連続体位技

  • 彼がお疲れ気味の時、無理なく快感の得られるワザ
  • 後背位⇒騎上位⇒側位⇒正常位

  • 感じやすい彼(早漏気味)には・・・
  • 正常位⇒側位⇒座位⇒後背位
    *彼が腰の動きをセーブしやすい、いきそうになったらスピードを弱める事が出来る

  • なかなかイキにくい彼(遅漏気味)には・・・
  • 騎上位(前向き)⇒騎上位(後ろ向き)⇒後背位⇒シックスナイン⇒騎上位
    *結合部分が見えることがポイントです!
    フィニッシュはペニスを膣の奥まで導きましょう。

知られざる彼の性感帯
彼の性感帯はどこなの!?

コメントを残す