大人のなせる技!ポリネシアン・セックス


セックステクニックこんにちは
Akiです♪

今日から、ブログランキングに参加しました。
ぜひ、応援のクリックをして頂けるとありがたいです↓

 

 

あなたは、「ポリネシアン・セックス」って聞いたことがありますか?

元々は、アメリカの宗教学者、ジェイムズ・N・パウエルが「エロスと精気」という

著書のなかで紹介されたもので、中国の〝タオ〟やインドの〝カーマスートラ〟

の性愛術に通じるセックス法だといわれています。

 

具体的には、「5日に1回だけ挿入をし、あとの4日間はその挿入日のために気分や体を盛り上げていく」というものです。

どのように気分を盛り上げるかというと、週の4日間は、
キスやペッティングなど、いわゆる前戯といわれる行為を行い、お互いを愛撫し合います。

また、実質的にセクシャル行為はせずに、裸で抱き合って眠るだけでも、
お互いに気持ちが高まるのであれば、OKです。

性交する日は、前戯を少なくとも1時間、行います。

挿入した後は、約30分間、身動きせずに抱き合ってから、ピストン運動を始めるようにします。

そして、オーガスムに達した後も、性器を結合させたまま、抱き合う…。

刺激的な激しいセックスではなく、じわじわとのぼりつめていき、

またやんわりと冷ましていく、とてもゆったりとしたセックスです。

 

この方法の魅力は、単なる〝体液の交換〟を目指すのではなく、
主に、精神的な交わりを目的としたところにあります。

普段から時間をかけて愛情を交換し合い、
挿入に至るまでの期待を高めていくので、よりオーガズムに達しやすくなるのです。

ちなみに、精力が減退気味の彼にも、おすすめです。

この方法は、「さぁ、セックスの時間よ!勃ちなさい!」と強いるのではなく、
自然にセックスしたくなる気持ちをアップさせていくので、ペニスもおのずと元気になりますよ。

「疲れてるから、萎えている」なんて言い訳は、もう言わなくなるでしょう。

ポリネシアン・セックスで心と体を満たして、ひとつ大人の快楽を知ってみるのもいいでしょう。

知られざる彼の性感帯
彼の性感帯はどこなの!?

コメントを残す