さらに気分を盛り上げるシックスナイン69!?


オーガズム
こんにちは
Akiです♪

今日は、互いに気持ちよくなれて興奮度もUPする
シックスナインについてお話しますね!

 

シックスナイン(69)とは、数字の6と9のように、
男女が交互に重なりあって、お互いの性器を愛撫しあう行為のことです。

つまり、フェラとクンニを同時に行う体位のことです。

オーラルセックスをしている最中に、ごく自然な流れでいきつくことができる体位で、
二人同時に気持ちよくなれるので、より快感度を共有することができます。

彼への要求の仕方ですが、あなたから積極的に提案するのがベストです。
喜ばない男性はまずいません。

どうしても伝えづらい時は、「なめ合いっこしない?」と、
少し遠回しな言い方をしてみるといいでしょう。

 

シックスナインの基本は、女性上位と男性上位の2つに分かれています。

女性上位のシックスナイン

女性上位は、あなたが彼の上にかぶさり、彼の顔の上に女性器をさらす体勢をとります。

女性は、四つん這いになることが多いですね。

性器だけでなく、アナルまで丸見えになるので、恥ずかしいかもしれませんでが、
彼にとっては非常に興奮度が高いものです。

彼の顔をまたぐ時は、「なんか動物みたいで恥ずかしいわ…」とはじらいみせつつ、
徐々に盛り上がってきたら、大胆に振る舞ってください。

思い切りセクシーに喘ぎ声を出してみましょう。

シックスナインの前に、あなたから先にフェラをしておくと、
お返しとばかりに、彼は激しいクンニをして攻めてきます。

まさに、本能のまま、互いをむさぼり合う野性のオスとメスです。

喜ばれるのは、ペニスを口に含みながら、アナルと陰のうを指で触る愛撫です。

「そこだけは触るべきでない」と思い込んでいる人がいますが、
アナルに触れられたい男性は意外と多いのです。

もし、彼が拒絶するくらいに嫌がるのであれば、控えた方がいいですが、
少し恥ずかしそうにしているくらいなら、あなたの方から思いきって攻めてみましょう。

あなたは彼の上に覆いかぶさっている状態なので、腰の動きが自由になります。

クンニで気持ちよくなれば、腰をくねらせたり、脚を大きめに開くなどして、
快感に溺れましょう。

また、あごが疲れてきたら、時々手でしごくなどして、適度に休ませてくださいね。

 

男性上位のシックスナイン

一方、男性上位は、あなたが仰向けになり、その上に彼が股がる体位です。

この形だと、彼は動きやすいので、上下に激しくピストンすることもあるでしょう。

ペニスがのどの奥まで挿入されて、息が詰まりそうになることもありますが、
彼にとってはたまらなく気持ちいい体位です。

息苦しくなったらガマンせずに、彼に伝えましょう。

ちなみに、あなたの方も、感じやすくなれます。
打ち寄せる快感の波と共に、「アン、アン」とセクシーな声をあげましょう。
もし、オーガズムを迎えそうになったら、彼に必ず言葉で伝えてください

「いっちゃいそう…」といって身をよじり、体勢を変えても、
彼の口をあなたの性器についてこさせるくらいに悶えてみましょう。

 

風俗嬢になった気分でやってみることが盛り上がる秘訣です!

ただ、快感に浸るのもいいですが、彼へのお返しも忘れないようにしましょう。

もし、どうしても、シックスナインに抵抗を感じる人は、
「あなたの顔が見えないと不安なの…」と言って、やんわり断るのがベストです。

「無理してしなくちゃ…」と自分を追い込んでしまうと、
余計なストレスを感じるので、セックスを楽しむことができなくなります。

その場合、彼にたっぷり奉仕してあげてください。

「絶対にイヤ!」という言い方は、彼を傷つけるので注意しましょう。

シックスナインで口内射精

シックスナインを続けていると、ペニスが限界になって口内射精することがあります。

彼としては、あなたの膣の中でいきたいという気持ちが強いので、
「口だけでイクなんて、恥ずかしい…」と咄嗟のオーガズムにがっかりしてしまうことも少なくありません。

そんな時は、「○○(彼)が気持ちよくなってくれたの、すごく嬉しいな」
といって、喜ぶ顔をみせてあげましょう。

また、少し時間を置けば、2度目のセックスに挑戦することもできます。

口の中の精液は、できるなら、飲み込んだ方がいいです。

「自分のペニスから出た液体が彼女の体内に入った」という快感は、
何ものにも変えがたい、愛情の証しです。

ですが、飲み込むことに抵抗のある人は、無理しなくてOKです。

その場合は、彼の前ではなく、バスルームなどにいって、ティッシュにくるんで出しましょう。

シックスナインの最中に彼が「もう、我慢できないよ…。(ペニスを)入れたい!」
といったら、1〜2回じらしてから、挿入に移るといいでしょう。

ギリギリまで耐えることが、さらなる快感を呼び寄せます。

膣に入れたとたん、彼がイってしまうこともあるので、
挿入は焦らず、ゆったりした動きではじめることがおすすめです。

知られざる彼の性感帯
彼の性感帯はどこなの!?

コメントを残す