中級フェラテクニック・15のステップ


フェラテクニックこんにちは
Akiです♪前回の基本テクニックに加え、次に興奮度を高めるフェラチオの中級テクニックをご紹介します。

全部で15のステップがあります。

それぞれのステップでは、手や舌の使い方やじらし方のコツなど、
かなり細かく説明していますので、
「こういう時、どうすればいいか分からない…」「
もう片方の手はどんな風に動かせばいいんだっけ?」など、
あなたの抱えていた悩みの紐が解けるかもしれません。

なお、1〜15のステップでは、分かりやすくお伝えするために時系列に沿ってご説明しています。

何度も繰り返し読んで、流れをマスターして実践してみるのもいいですし、
あなたの気になるテクニックを抜粋して、基本のフェラチオにプラスαするのもアリです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

  1. 彼がベッドまたは椅子などに座っている状態で、ズボンを脱がします。
  2. (靴下も一緒に剥いでしまいましょう)
    下着1枚の状態になったら、彼の隣に座り、唇に優しくキスをします。
    〝キス〟で彼の気持ちを高めるテクニックとは!?を参考にしてください)
    キスをしながら、彼のペニスに手をのばします。
    手のひら全体でやさしく撫でた後は、少し激しく撫でてみましょう。
    ペニスに手を押し付けるようにしながら、
    全体に少し圧力をかけることが気持ちよさのポイントです。

  3. 腰に抱きつくなどして、そのまま彼の股間にずり落ちるような感じで、床に座ってください。
  4. 今、あなたの目の前には、下着姿の彼の股間があります。
    お腹から脚の付け根付近を通って内ももへ、唇を這わせて愛撫しましょう。
    特に、内股は舌先で大きく、Sの字を描くように舐めて下さい
    あなたの唇がペニスに近づいてきただけで、
    彼はビクッと体を震わせるほど興奮してしまうでしょう。

  5. 太ももの前面をツーッと舐めてみましょう。
  6. 手でもう片方の脚を触りながら、キスも織り交ぜて、
    脚の付け根あたりまで舐めあげていきます。
    この時点では、まだペニスには触れず、じらして興奮をあおりましょう。
    そして、彼の下着を脱がしてあげるor脱いでもらいます。

  7. ペニスに直接触れないように注意しながら、ペニス周辺にキスをしまくりましょう。
  8. 彼に「(ペニスを)舐めて!」といわれても、微笑みかえしてギリギリまでじらてください
    すると、フェラに移った時に彼の快感はマックスに達します。

  9. いよいよ、ペニスに触れていきます。
  10. まず、サオの部分を優しく握ります。
    あなたの手にペニスを包まれた彼は安心するような、
    興奮するような絶妙な快感を覚えはじめます。
    力加減は、親指が他の指先とかるく触れるくらいの握り方で、
    ゆっくり上下に動かしてください

    手を下に動かす時は、陰のうに小指の側面が当たるくらいまで下ろし、
    上に動かす時は、亀頭部分が手のひらの真ん中くらいにくるくらいまであげる、
    これを適度に繰り返します。(目安は約2〜3分)

  11. 頭をゆっくりペニスに持っていきます。
  12. 体勢はその時の状況に応じて、心地よい形をとってください。
    サオ全体に「チュッ、チュッ」と音を立てながらキスをして、
    愛おしくてたまらないという感じで、可愛がってあげましょう

    手をサオの根元に添えて支えながら、上から下までたくさんのキスをしてください。
    これはテクニックというより彼を思う気持ちが重要な部分です。

  13. 陰のうを手に持ち、両方に軽くキスをしましょう。
  14. 非常にデリケートな部分なので、くれぐれも力を入れて持たないように気をつけてください。
    持ち上げたら、指を使ってもてあそぶように撫でてみましょう。
    手の平の中で転がして、可愛がります。
    唾液か味のついたローションなどをつけた方が、タッチがスムーズになります。
    次に睾丸を片方ずつ口に含み、舌先でペロペロと舐めます
    頬張って、やさしく口の中で転がしてみて下さい。
    もう片方の手で、舐めていない方の睾丸を触るとより効果的です。
    彼は快感のあまり、耐えきれなくたって、思わず溜息をもらすでしょう。

  15. サオの根元を親指と人差し指で掴み、そのままサオ全体を左右に振ってみて下さい
  16. 大きなフリよりは小刻みな感じのほうがGOODです。
    亀頭に振動が伝わり、快感を得られるようです。
    次に、サオを少し強めに握りましょう。
    「痛くない?」「大丈夫?」と彼に聞きながら、力加減を調整してください。
    ペニスは締め付けられる感覚に興奮するので、多少強めの方が感じるはずです。

  17. 片手でサオをしごきながら、もう片方の手を陰のうへ、サオはリズムよくしごき、陰のうはやさしく手の中で転がしてください。
  18. ダブルで攻めることで、彼は話すこともできないくらい恍惚の世界へと入っていきます。

  19. あなたの両手を組むような状態にし、その間にサオを挟みます。
  20. この体勢は、ペニスに適度な圧迫感を与えるので、ピストン運動を連想させます。
    しごく時は、唾液を垂らすか、ローションでぬるぬるにしてくださいね。

  21. 裏スジの上部分、カリと亀頭につながっている細い皮のつなぎめをくすぐりましょう。
  22. 指の腹を使ってくすぐった後は、舐めてあげましょう。
    そして、陰のうの皮を外側に伸ばすようにそっと引っ張ってみます。
    サオを少しだけ強めに持ったら、
    小刻みにではなく今度は大胆に大きく手を上下させましょう。

    親指や手のひらに力を入れたり、他に指に力を入れたりして、力の強弱をつけるとより興奮度を高めます。
    3回強くしごいて1回緩めるなどリズムをつけると、いきそうでいかない絶妙な快感を与えることができます。

  23. サオをわざともったいぶって、ゆっくりとくわえてください。
  24. 彼を上目遣いで見ながらすると、よりエロティックになります。
    喉の奥まで入れすぎて、オエッとならないように気をつけましょう。
    含んだら、舌を裏スジにあてたまま、口を上下に動かして唇でしごきます。
    この時、手はサオの根元部分においておきましょう。
    口が上に行った時は、手を下に、口が下にきた時は、手を上に動かすようなイメージです。
    裏すじに当てた舌を左右にレロレロと動かします
    そのまま、口で上下にしごく…。
    やがて、舌先の小刻みな動きが快感の波を起こします。

  25. カリへの刺激は、溝に唇と舌を当てることが効果的です。
  26. ペニスを口から抜く前に、サオに唇を引っ掛けるようにしてみてください。
    その際、カリの真ん中部分、皮のつなぎあたりをレロレロと舐めてみましょう。
    裏スジを舌先でなぞるように、上から下へ、下から上へと往復して舐めます。
    舌先でSの字を描くように舐めるのも気持ち良さをアップします。
    手はサオの前面を支えるか、亀頭をくすぐる、陰のうを触るなどしてダブルの刺激を与えてあげて。

  27. 再びサオを加えて、バキュームフェラをします。
  28. その名の通り、ペニスを吸い込むように音を立てて、吸い込むフェラです。
    掃除機をイメージすると分かりやすいかと思います。
    少し強めに、頬の内側までペニスが吸い付くほど、チューッと吸ってみましょう。
    この吸い付く感じが、彼に膣口への挿入を連想させます。
    鼻息をかけてみたり、髪を片側に寄せてしゃぶっている顔をみせる、
    時々ペニスから口を離して角度を変える、ベトベトになった唇を舐めて、
    彼の目をみるなど、色気のしぐさも忘れずに…。
    彼が頭を押してきたら、されるがままにしてあげましょう。
    「美味しい?」と聞かれたら、吐息まじりの声で「美味しいよ」と答えてくださいね。

  29. ペニスから口を外す時は、カリから亀頭部分をチュット吸い込むようにしながら抜くと、その締め付け感に彼は気持ちよさを感じることができます。
  30. 麺類を吸い込む時のような感覚で軽く吸い込んで!
    唾液は多めに出して、ジュバ、ジュバと音を立てながらすると、耳からの刺激もプラスされます。
    「いやらしいことをしているのだという気分」がより高まります。
    下品になりすぎないようにだけ注意しましょう!

 

また、ハーモニカフェラというテクニックもおすすめです。

たっぷり潤った唇で、サオを横に加えて、
ハーモニカをふくように、口を左右に動かします。

裏スジ部分をくわえるのも良いですが、表に舌が当たるように加えるのも
また違った快感があり、彼には喜ばれるもののひとつです。

ペニスを口に含みながらしごく際は、手でサオの根元を持ち、
口と手でペニスをのばすような感じで動かしてください。

あなたの膣口に、挿入したようなピストン運動と
同じ感覚が味わえるので、彼は悶えることでしょう。

知られざる彼の性感帯
彼の性感帯はどこなの!?

コメントを残す