魅惑のキス!もっともっとと彼に求められるキスの仕方


キステクニックこんにちはAkiです♪

今回は3パターンに分けてのキスをご紹介します。

それぞれのトータル時間は約10〜15分。

順番にご説明していますが、時間の配分は自由に決めてOKです。

はじめはどれかひとつだけでもいいですし、
彼と会うたびに違うバージョンを試してみてもOK、使い方もあなたの自由です。

慣れてくると、パターン1と2を組み合わせるなどして、

色々なバージョンができるので、色々と試してみるといいでしょう。

魅惑のキス・その1

  1. 顔を指先でなぞったり、両手で頬を包み込んで彼の顔を愛撫します。
  2. そして、唇以外の顔にキスの嵐を与えましょう。
    うなじや、首筋にも、優しく唇をあててみてください。

  3. バードキス
  4. 小鳥がついばみ合うように、唇をつつき合うキスです。
    チュッチュッとリズムをつけて、軽やかな音を立てるのがポイントです。
    彼とじゃれ合う感じで、時々目をみつめて微笑んでみましょう。

  5. 首に手を回し、ディープキス(別名•カクテルキス)
  6. 口と口のすき間がなくなるくらいピッタリとくっつけて
    舌を吸い合ったりして、舌でくまなく彼の口の中をかき回しましょう。
    スロー&エロティックを心がけて!
    相手の舌と自分の舌を大胆に絡ませることが盛り上がる秘訣です。
    キスを続けていると、お互いの唇が唾液で湿ってきます。
    唇が触れ合い、舌が絡まる時に、「チュッ」「ペチャッ」と音が鳴ります。
    どんな音楽よりもセクシーな2人だけの音なので、BGMとして楽しみましょう。

 

※ディープキスの時に気をつけたいのは、歯や鼻が当たらないようにすること!
ムードを壊してしまいがちなので、もし当たってしまったら、
「やだ、当たっちゃったね…」と恥ずかしそうにいいながら、彼に抱きついてみましょう。

これで仕切り直しができます。

どうしても歯が当たってしまい、カチカチと音がなる人は、
あごを少しあげるようにして口づけてみましょう。
顔に角度をつけるだけで随分ラクになりますよ。

また、ディープキスを長時間続けていると、舌や顎が痛くなることがありますが、
そんな時は、口を開けて彼に「(舌を)入れて」と可愛くお願いしてみるといいでしょう。

魅惑のキス・その2

  1. エスキモーキス
  2. 頬と頬、鼻と鼻を摺り合わせるようにして唇以外の顔のパーツを擦り合わせて、
    唇を遠回りしてみましょう。愛情がより深まります。

  3. ①の延長線上でスタンプキス
  4. 唇の表面を摺り合わせるようにするキスです。
    時々唇の表面だけでなく、内側の部分も当てながら、
    上唇と下唇を交互にこするように動かしてください。
    柔らかいリップの感触が心地よく感じてきます。

  5. ミツバチのキス
  6. 次は、あなたの方から舌を入れましょう。
    自分の舌をミツバチのお尻についている針だとおもって、
    キスをしながら彼の口の中にチクッと舌をさしこんでください。
    舌を入れたらすぐに引く、この物足りない感じが逆に彼を燃えさせるコツです。
    入れて引くのを2〜3回繰り返すと、
    彼の方から情熱的なキスの嵐がくるかもしれません。

  7. ピクニックキス
  8. 盛り上がってきたら、顔を5㎝ほど離した状態で、
    舌先だけを触れ合わせるキスをしましょう。
    チロチロと相手の舌に絡めたり、舌の表面をべろんと舐めたり、
    思いのままに舌で遊ぶ感じです。
    子供のような気分で楽しんで下さい。

 

魅惑のキス・その3

  1. 口角にキス
  2. 今からキスをするという時、彼と見つめ合ったら、唇でなく左右どちらかの
    口角に軽くキスをしてみてください。
    押し付けるような感じで3〜5秒が目安です。
    意外性のあるキスに彼はドキッとするはずです。

  3. スライドキス
  4. もう一度口角にキスをして、スライドキスへと移ります。
    唇をくっつけた状態で、お互いが逆報告へスライドさせるキスです。
    彼の頬を包み込むように手で包み、固定してください。
    そして、口角にあてた唇を彼の唇の方へスライドさせます。
    唇に力をいれず、ゆっくりと行うことが快感のポイントです。
    お互いの唇が擦れ合うくすぐったさは、彼の下半身をむずむずさせます。

  5. ストローキス
  6. ディープキスの一種です。
    彼の舌をストローだとイメージして、舌先を口にくわえて、
    チュ〜と根元まで吸い上げてみましょう。
    彼の舌をまるごと吸い込むような気持ちでやるとGOODです。
    舌を全部包み込むようにすることで、より情熱的になり、親密さがグッと増します。

 

他にも以下のようなキスがあります。
次に彼とキスする時からでも、すぐに取り入れられるワザをご紹介しておきますね。

魅惑のキス・バリエーション

<サーチニングキス>

彼の秘密スポットを探るキスの方法です。
ディープキスで舌を絡ませた流れで、舌先を彼の上歯茎に滑り込ませます。
そのまま、歯茎や歯を左右にをなぞりながら、ゆっくり移動していきましょう。
歯茎のツルツルと歯のボコボコの相反する感触にゾクゾクしますよ。

<フルーツキス>

いちごやオレンジなどのフルーツを口に入れて、
お互いの唇で潰しながらチューチューと吸い合う方法です。
唇の周りがフルーツの果汁で汚れるのがなんともエロティックです。
彼の唇の表面を舌先で舐めるのもおすすめです。
濡れたり、汚れたりを楽しめる動物的な感じが互いをそそります。

<オブラートキス>

吸い込んだ相手の舌を自分の舌で包み込み、こするキスです。
うまくできたら男性はメロメロになりますよ。
繰り返し行っていると、徐々に舌も慣れてくるので、
はじめは吊らない程度に舌を丸めてみましょう。

知られざる彼の性感帯
彼の性感帯はどこなの!?

コメントを残す