女性のオーガズムは自分(女性器)を知ることから


こんにちはAkiです♪

まずはオーガズムを感じるには、あなた自身の女性器を知って下さいね。
では早速

  • クリトリス
  • 女性器にある小さな突起の部分で、男性でいうとペニスに相当する部分です。
    ご存知の通り、非常に敏感な部位です。

  • 膣口
  • ペニスを挿入する部分です。
    性的に興奮すると、ここから愛液が出てきて潤い、結合をスムーズにします。

  • 小陰唇
  • いわゆる〝花びら〟と呼ばれる部分です。
    クリトリスと連続するようにはじまり、
    尿道口と膣口の両脇を囲むひだ状の薄い肉びらで、興奮すると膨張して、左右に大きく開きます。

  • 大陰唇
  • 小陰唇のまわりにある左右一対のひだのことです。
    生殖器と尿道口を保護する役目があります。

  • 会陰(えいん)
  • ペニスの部分でもお伝えしましたが、男性器と同様に、非常に感じるスポットです。
    一般にあまり知られていないようですが、隠れた性感帯といえます。

ちなみに、膣口がお腹側に向いているものを〝上つき〟、
肛門側に向いているものを〝下つき〟といいます。

ちがいはほんの数センチですが、上つきが正常位、
騎上位やバックなどの体位では、下つきの方が感じやすい場合があります。

女性のオーガズムについて知る

女性のオーガズムは、知っているのと知らないのとでは、快感が全く違ってきますので、
ぜひ知っておきましょう!

クリトリス

 
クリトリスは女性のほとんどがイケる場所です。

クンニリングスで男性に舐められる時、舌先より舌の真中あたりを使って舐められる方が、
グッときますが、これには個人差があります。

唇を蛸のようにすぼめてクリトリスをはさみ、吸い上げたり、
強く早く動かされると、興奮度はより一層高まります。

イク前は動きが激しくなるので、男性は口が離れないように、
を太もも裏からまわして固定したりします。

クンニリングスの時、腰を上下させ、彼の顔に押し付けてみるといいでしょう。

 

また、わざと動いて彼の舌をついてこさせるのも、動物的で興奮度をアップさせます。

彼の指や舌と併せて、バイブや電気マッサージ器などを使うと、さらに興奮度はアップします。

Gスポット

 
膣内に指を第2関節ぐらいまで入れ、ちょっと先を曲げてみると、

指先にざらざらした猫の舌のようなものが当たるはずです。

ここがGスポットです。

ここを刺激することによって、俗にいわれる潮吹きが起きることがあります。

生理周期の関係で、位置が微妙に移動するともいわれています。

潮吹き

潮吹きとは、Gスポットを刺激することによって、

オーガズム状態なった時、尿道口から大量の液体が吹き出す現象で、

くじらの潮吹きに例えたことが名前のゆえんです。

本当にくじらみたいにドピューツと吹き上げる人もあれば、

ピッ、ピッとかわいく飛び出すこともあり、個人差があります。

又、その時々の体調や体質によっても度合いは異なります。

体勢も立っている状態のほうが吹きやすくなります。

 

潮の成分はというと、その液体は無色透明、

さらっとしていて無臭というのが一般的で、尿に近いものといわれていますが、

尿にはない成分や愛液に近い成分が入っていたりと、実際のところはっきりしたことは分かっていません。

膣内壁から尿道に染み出していった液体という説もありますが、

場合によっては、かなり大量ですから、染み出す限度を超えていますし、未だミステリアスな部分です。

潮を吹く時は、Gスポットが熱くなりはじめると、

おしっこを漏らすような感覚に陥って、「アッ、出そう!」と思った瞬間、ピュッと出てしまいます。

自覚はあるけれど、コントロールが利かなくなるという意味では、男性の射精によく似た現象だといえます。

ポルチオ(子宮)

 
ボルチオは、究極の快感スポットです。

子宮口をペニスで刺激することによって、

子宮全体が揺さぶられ強烈な快感を引き起こします。

男性にとってもかなり奥をついて突きまくるので、双方が快感を感じた時、

ほとんど失神か、失神に近い状態になります。

酸素不足で頭がボーッとしますが、心と身体が分離しそうな感じに

なることがありますが、それが絶妙の快感となるのです。

ただし、この部位は突かれると痛いだけの女性もいます。

バックや側位の挿入の深い体位では、ペニスの先端が子宮口にあたりやすくなるので、
痛みを感じる場合は、彼に伝えて力加減をしてもらいましょう。

 

 

いかがでしたか?

あなたが得られる快感について、新たな発見があったのではないでしょうか?

オーガズムの自由度、快感の幅という視点からみると、

キス、乳首、フェラチオ、意識的に自分で膣を動かすなど、
ペニスの挿入なしでもイクことができるほど、女性の体は感じやすいのです。

非常に大切なのでお伝えしておきますね。

これを体感しなければ、女として生まれてきた幸せを自ら手放していることと同じです!

打てばどんどん響く、あなたの敏感な体をさらに磨いていけば、

彼とのセックスも充実して、満足度の高いものになりますよ!

本日もご覧頂ありがとうございます♪

知られざる彼の性感帯
彼の性感帯はどこなの!?

コメントを残す